NTV「ナイナイアンサー」に出演し、心理カウンセラーとして

知名度があがっている心屋仁之助氏の著書。

ついつい色々と考えすぎてしまったり、

相手のことがわからなくなってしまうとき、

「どうしてこうなるのか」わかりやすく解決してくれる一冊です。

 

心屋仁之助 氏

「心配しすぎなくてもだいじょうぶ」

 

例えば、人とうまくいかないとき、なぜうまくいかないと思いますか
それはみんな「わかってほしい」のです。
「認めてほしい」だけなんです。
誰とでも“いい気分”で付き合える秘訣として「認めてあげる」ことを挙げています。

わたしたちは日々メールをしたり、話をしたり、
口には出さなくても行動したり、誰かに何かを訴えたり、逆に優しくなったりします。
これらは全部自分の気持ちを一所懸命にわかってもらおうという自己表現なのです。
【子どもが学校に行かない】
【旦那が会社に行きたがらない】

周囲に何かをわかってほしいと、
一生懸命にサインを発信しているのです。

共感力のある人はごく自然に人から好かれます。

思い出してみてください。
あなたが好きだな、また会いたいな、と思う人は、あなたの気持ちをわかってくれている人ではないでしょうか
色々と発信しても「ふ~ん」と冷たいリアクションしか返ってこない人にはもう会いたいとは思わないでしょう。

人とコミュニケーションがうまくとれない人は、「共感力」を鍛えることで、
人とスムーズにやりとりすることができます。

この「共感力」があれば全てがうまくいくと言っても過言ではありません。
「共感力」を鍛えて相手と接し、相手からも好かれたら、相手に自分の弱みをさらしてみてもよいでしょう
相手が、怒鳴り散らしてきたり、暴言を吐いたり、約束を破ったり、これも一種の甘えなのです

心屋仁之助氏が述べていることは本当に簡単な人間同士のコミュニケーションかもしれません。
しかし、最近では簡単なことが難しく感じてしまい、なかなか実行するのが難しいです。

当たり前のこと、昔はできていたことを
思い出させてくれる素敵な一冊です。

 

講演依頼、講師の派遣・企画のご相談は~

 

 

 

■お電話でのお問い合わせ
03-5798-2800
(受付時間9:30~18:30土日祝除く)

■FAXでのお問い合わせ
03-5447-2423
メールでのお問い合わせ